Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 看護管理 3 研修風景


看護管理 3 研修風景

看護部教育委員会のプログラムでクリニカル・ラダーレベルⅢの係長に対しての看護管理研修である。

70名程度を2回に分けて行い、人的資源活用と看護情報管理が今回のテーマであった。講義は山崎教育委員長が行った。この後の実践報告が楽しみで聞きにいった。

人的資源活用から、山田係長 「教育担当係長としての実践報告」 を、田中係長 「クリニカル・ラダーⅢ取得後の実践報告」 であった。

山田さんの報告からは、新人看護職員の評価表から未経験だった項目を、今年度どのように強化するかという計画と教育係長としての考えがしめされ、どの職場も未経験項目は類似しているため大変参考になったと思う。

田中さんは自身がクリニカル・ラダーⅢを取得への取り組みの中で行ったこと、つまり、病棟を分析し、整形チームでは質の保証に向けた標準化を、結核チームでは地域連携の推進を推し進めた経過が報告された。 質問に 「田中さんのモチベーションの高さはどこから来るに??」 などが飛び、 「ピンチをチャンスだと思え取り組んだ結果」 だということがわかった。吉村の看護管理講座にも出席していたが、パワーアップしたなって感じであった。

看護情報管理からは、池田係長 「システムの更新に向けて」を、斉藤係長からは「システムダウン時の対応と今後の課題」の報告を途中まで聞いた。

時期コンピューターシステムの更新を控え、現場から提案が重要であったので、これも興味深く聞いた。また、当院では電子カルテ導入依頼、システムダウンで苦労した経験が少なく (大変よいことではあるが) 障害時対応を忘れてしまうわけだ。 これは定点で係長やリーダーに教育し続けておく必要がある。 病院危機対策の1つであると考えている。

プレゼン中と討議風景

 

 

 

 

 

 

日時: 2009年07月09日 08:14

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック