Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 保助看法等の一部改正


保助看法等の一部改正

かねてよりの懸案であった、看護師基礎教育の大学化に向けてと新人臨牀研修の制度化について、法案が出されていた。 国会運営が微妙でいつ解散!!となり、審議されずに廃案になったら・・・・ひやひやしながらニュースを見ていた。 7月9日に代171回通常国会で可決成立し、施行は2010年4月となった。

改正のポイントは、1、看護師の国家試験の受験資格の1番目に「大学」を明記する。 2、保健師・助産師の教育年限が6ヶ月から「1年以上」に変更された。 3、卒後臨牀研修の「努力義務化」が明記された。

方向性はよいのだが、1はいつから国家試験が変わるのか見定める必要があり、2は大学の4年次までに選択できたカリキュラムから早急に4年間は看護教育、その後に1年以上の教育課程を立てていただく必要があろう。 3は努力義務で制度でない点で大変残念だが、それでも前進だ。 

当院の2008年度 新卒看護職の全員がクリニカル・ラダーレベルⅠを取得でき、尚且つ、退職者がいなかった。 臨牀研修のプログラムは充分な結果を生んだといえよう。 さらに、よりよく といった視点で本改定を注視していくつもりである。

日時: 2009年07月12日 16:46

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック