Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 院内研修委員長の交代


院内研修委員長の交代

2008年急遽病院研修員会の委員長を交代することとなり、以下のこと刷新しようと考え2年間限定でお引き受けした。そのとき研修委員の方にお話した内容である。日付は2008.2.19である。

研修委員のメンバーの方々と研修の目的に向かって新たな情報や知見を得て、頭を使い、創って、実施して、研修の成果を確認していきたいと考えている。 

1.新たな情報や知見            

私たちの対象とする職員の確認

現状を理解し、研修ニードは把握

 昨今の学習教材や研修スタイル、学習理論の知見を得る

2.頭を使って               

 1から得た研修ニードを研修の目標を達成するために、現状で満足しない検討

 研修評価から次年度への課題

 担当者だけでなく研修委員会でのディスカッション

3.創って

 1.2から私たちの頭で創りあげる 

 研修委員の成長

4.実施して

 研修結果は真摯に、研修生と共に作り上げる充実感

 評価・課題は次へ

5.成果をみる

 研修の効果をどう測るか

 これから実施していくこと

1 研修委員会規定、要綱、プログラムの見直し  年次

研修実績確認から課題抽出

2008年度委員のための研修企画・外部研修参加

2. 20082年目以外の研修に担当者による具体事例の変更

  2009年以降 委員による企画運営

4.      実績及び評価フォーマット

5.      研修評価の仕方を検討     』

 

2年間、従来の踏襲から新企画を提案し運営する企画力など学び、頭を使ってあたらな研修を生み出した。 研修のねらいにそって行い、研修生の反応を確認でき、委員としても研修生と作り上げる喜びを感じえたのではないだろうか。 ファシリテーターとしてのこれからだが、委員メンバーの熱き思いとチームワークで次年度はもっと充実した研修が行われることと思う。 さらに磨きを掛けて頑張っていただきい。 

わたしも時々に研修にお邪魔して研修生とともに楽しみたいと思っている。

 

  

日時: 2010年01月16日 18:02

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック