Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 中国第3軍医大学 朱先生と


中国第3軍医大学 朱先生と

クリストファー大学と中国にある第3軍医大学とは国際交流が盛んである。交換留学生や施設見学など年毎に活発になっている。 第3軍医大学からは日本の病院事情の視察として 当院の見学や実習などをお引き受けしている。2003年10月には朱京慈 看護学部長の来訪を受けて病院内をご案内した。朱先生とは6年ぶりの再会である。 週末の第1回世界災害看護学会に四川の地震を報告され、その足で浜松にお立ち寄りになった。  

第3軍医大学と3つの病院は何千床の規模で熱傷病棟も専門にあると伺う。 どのようにマネジメントしているのかとても興味がわく。 5月には渡辺学部長とご一緒に第3軍医大学と大きな3つの病院を訪問する予定である。

クリストファー大学関係者と朱京慈 前看護学部長  朱先生と長谷川理事長

朱先生と 小島学長              朱先生と吉村  羊の皮に描いた中国美人画を頂きました。

四川省の地震とは、2008年5月12日、中国・四川省を震源地とするマグニチュード7.8の大地震が発生し死者は6万人を超えたといわれている。復興に1年以上を要した。  静岡県では東海沖地震もこの先起きる可能性が高いので事後対策など参考になると思う。

第1回世界災害看護学会 開催目的は、災害時における人々の生活と健康に寄与するために、知識
  や情報の共有化を図り、災害時の看護ケアのグローバルスタンダード化に向けた検討
  を行うことである。

日時: 2010年01月13日 07:37

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック