Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 静岡県看護協会通常総会


静岡県看護協会通常総会

6月30日は通常総会が開催された。 6月は平成21年度の事業および決算報告であり、2月の事業計画や予算案のときと違い、多くの意見交換はなかった。 しかし、公益法人化への移行の準備の年として、今年度の事業を推進していかなければならない。

私たちの行っていることがどの程度公益性の高い事業であるか、広く県民に、国民に知っていただくこと、これに尽きよう。

保健・医療・福祉の分野を担う看護職者の資質向上のため、研修や教育機関としての活動は大変、重要なことである。 たとえば、2009年改正された臓器移植法は2010.7.17からは、『本人の臓器提供の意思が不明な場合にも、家族の承諾があれば臓器提供が可能となる。 これにより15歳未満の者からの脳死下での臓器提供も可能になる。』 こういった社会の変化・法律・進歩する医療の変化を発信し、資質向上に職業団体が活動する必要があると考えるのだ。

また、地域で健康の保持増進に貢献している 『まちの保健室活動』などは公益性の高い事業であると思う。 

こんなことを考えながら帰途に着いた。 

 

 

日時: 2010年07月01日 08:03

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック