Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 看護管理3 係長研修 B班


看護管理3 係長研修 B班

7/2は 係長研修 B班に参加した。 

画像外来の蛯原さんは 「人材確保の促進に向けて、ワークシェアを受け入れる取り組み」で 受入れに際し業務の見直しを行い、皆で育児支援をしよう取り組んだ経過が報告された。 従来の仕事観が強かった職場なので、この変化はとてもうれしい。 受け入れようと思うところから業務調整能力が働き、組織改革が生まれるということだ。

F3病棟 大須賀さんからは「経営学からみる人の要素~経験をつんできたスタッフがその英知を発揮できる状況か?」について報告した。 バーンアウトに注目し やりがい感が必要と説く。そのためには 退院調整PJの看護部施策を活用し 退院支援の必要な患者さんに担当看護師としてつけてその役割を十分に果たしてもらうという一石二鳥の取り組みをした。 このチームからはクリニカル・ラダーⅢのエントリーが多く出ることだろう。

 

 

 

 

 C4病棟 田中さんは、「経済の視点で医療施設を診る ~C4の在庫管理~」で適性な薬剤在庫管理に取り組み不良在庫をいっそうした。 患者さんの層が変化した場合や病床利用率によっては、薬剤等の在庫管理は変更する必要がある。 今回は40種類136個減少させ、7種類66個を追加した。 係長として自身が管理をするという方向性も示した。

それぞれに今後の看護管理行動を期待できる報告であった。

日時: 2010年07月02日 17:18

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック