Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 久常会長の退任


久常会長の退任

 今期で日本看護協会 久常会長が退任される。退任の紹介では会場からは拍手が鳴り止まなかった。

 任期中の6年間は能力開発から政策提言へと組織構造を変えて図り、職業団体として成長させた。その一旦は新たな看護配置7対1によっても明らかだ。これは医療構造の変化に応じた看護配置として労働の現場を守りながら働き続けられる職場へとWLBの推進も図った。また、看護基礎教育と卒後臨床制度の充実を図った。これらは看護教育界と臨床へ大きな変革を求めることとなったが、確実に医療福祉の受けてである患者さんと住民の方々及び私たち看護職にとってよい方向へと歩き出すこととなった。

 久常会長の戦略も見事な手腕であったが、私はその人柄にも惹かれる一人である。会場からの惜しみない拍手はこの6年の大任を果されたことそして大きな業績に対しての感謝の気持ちであったであろう。

 

日時: 2011年06月09日 14:36

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック