Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > ナーシングビジネス 雑誌の取材


ナーシングビジネス 雑誌の取材

  メディカ出版の編集者田口敦子さんとライターの向井エリさんが取材にお見えになった。 特集テーマは「激動社会に負けないマネジメント力をつける」である。 

 インタビュー形式で この10年の医療界看護界の変化に対応し実践してきた、聖隷三方原病院のマネジメントをお話した。 振り返ってみて 制度ができて対応したことよりも、してきたことに制度や社会認識が沿ってきたことが見える。 また、地域のニーズを先取りした病院としての方向性を見出したことも成長の秘訣であった。 これは、病院が存在する意味 根本の理念を具現化しようと取り組んできたことに他ならない。 つまり、ビジョンと こうなったらいいなという 夢をもち、意思決定が早く行動力があること。 これによっても多くの成果を挙げることができたと実感する。。 概要はナーシングビジネス9月号に掲載されるのでご一読頂ければ幸いである。

 田口さんがつぶやいた 「先を見てきたんですね」 腑に落ちる感想である。 お二人には折角の機会でしたのでホスピスとドクターヘリを見学していただいた。 ホスピスの佇まいは 私たちがどのような療養環境と看護を提供したいか バード面から確認されたことと思う。 また、ドクターへりは残念ならが出動していたため見ることは叶わなかったが、ドクターヘリが命の鎖を繋ぐ活躍をしていることを想像していただいたことと思う。 

 田口さん 曰く 「ほかの病院取材の時も、なぜかドクターヘリは出動していないんですよね」  残念でしたね。 また、いつか。。。

日時: 2011年06月11日 08:07

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック