Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 日本呼吸器内視鏡学会 in浜松


日本呼吸器内視鏡学会 in浜松

 6月16-17日にアクトシティ浜松において当院の丹羽副院長を会長に「第34回 日本呼吸器内視学会学術集会」が開催された。 「闊達自在な融合と新生」 のテーマで、会長講演では外科医として患者さんと共に33年と題して、あきらめない志を語り、原発問題の放射線被爆の基礎知識から本田技研元社長の久米是志さんが 「研究者にとって大切なひらめき」 について講演され、夜にはミニコンサートが開かれた。 

 また、当院から浜松リハビリテーション病院長となられた藤島先生の専門分野である摂食嚥下と呼吸器疾患とのジョイントパネルディスカッションも面白い趣向であった。

学術学会でありながら丹羽先生の幅広い見識と来場された方を楽しませるといった心意気を感じ取る。そして、知的財産をしっかりと手にして明日にむかえるような企画であった。

日時: 2011年06月20日 08:03

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック