Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > チーム医療実証事業へのエントリー


チーム医療実証事業へのエントリー

 ある日  厚生労働省が発信している「平成23年度チーム医療実証事業」の公募を見つけた。 エントリーの締切は6月末、 この補助金事業を見つけたときには すでに6月20日であり  ”あと10日か” と思いながらも、院内の医療チームのいくつかに声をかけた。 チーム医療が活発になされているという自負が私たちにはある。 他職種連携が多くのチーム活動を生んでいるし、その恩恵を患者さんとともに医療者は実感しているはずだ。 期日は少ないが必ずエントリーがあるだろうと確信していた。

 ものの1週間で3ヶ所からのエントリーがあり それぞれのチーム医療の目的・その成果を実証するため方策等が所定用紙に記入されて、本日最終稿を確認した。 事務方が準備した書類をたった今 厚労省に送ったところである。 当院の強みはこのスピードと他職種協働であると心強く思い、台風が去ったような清涼感を感じた。

 3つのチームを紹介しておく。 

総合的口腔衛生管理チーム : リーダーはリハビリテーション科歯科 大野先生。 目的は口腔に関連する他職種から構成されている等チームは歯科治療や口腔ケアにより口腔衛生状態を管理することで、主科の治療を支持すること。

薬剤師の腫瘍センター常駐を活かしたチーム医療 : リーダー 柴山薬局長で、目的は抗がん剤、麻薬等の投与における副作用を最小限にとどめ、効果的な薬物治療が行われるようにすること。

精神障害者における足病変 予防チーム : リーダー松井看護課長で、目的は精神障害者における足病変をスクリーニングしケアと指導を行うことで合併症の進行を予防すること。

 採択されれば年度末に成果を公表できると思う。 それぞれのチームの活躍を期待している。

日時: 2011年06月30日 16:48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック