Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 三方原ナースかえるプロジェクト(仮)


三方原ナースかえるプロジェクト(仮)

 厚労省では『看護師等の雇用の質の向上に関する省内プロジェクトチーム』が発足し 6月にその報告書がでた。 以下4点が概要である。

1.超過勤務が多い、休暇がとれないなどの業務の過重性などの理由で退職することから定着促進と離職防止に重点を置く必要がある。 2.夜勤を含む交代制勤務では長時間夜勤の問題があり早急に改善が必要である。 3.勤務時間の管理が十分でなく、交代制の負担軽減に努める取組みが必要である。 4.育児等の両立のためには多様な働き方を可能とする環境づくりが重要であるが普及活用が不足している。

これに対して私たちは1と4についての取組みは成果が上がっていると思われるが、2.3については課題としていた。 いよいよ時期到来である。 やはり交代制勤務の負担に対して職場でも労働環境の整備に取り組みたいと思う。

 一般のみなさんは入院して看護師や夜勤者の仕事を意図的に眺めない限り、『こんな重労働だったとは知らなかった』といわれることだろう。議員さんも診療報酬を決める立場の方々も実態を目にしたことがないので 夜間見学をしてようやくわかった といわている。 私たちは広く一般の方にも 夜勤を主として行う看護師の生活像を知っていただき、看護師のサポーターになってほしいと思っている。まだまだ数も社会的地位も低いので、良質な医療を受けるためには看護師が定着する労働環境を整備する必要があるのだと支援していただきたい。

 

日時: 2011年10月28日 08:11

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック