Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 三方原Nsかえるプロジェクト(仮)その2


三方原Nsかえるプロジェクト(仮)その2

 先日アップした “三方原ナースかえるプロジェクト(仮)”はまだ名称が決まっていないのです。 良い名称があればご意見ください。

 ルーテンフランツ9の原則 (心身ともに健康的に働き生活するための原則)では 1. 連続夜勤は2~3日にする。 2. 日勤の始業時刻を早くしない。 3. 交代時刻は個人毎の弾力化を認める。 4. 勤務の長さは労働負担で決める(夜勤は短く)。 5. 短い勤務間隔は避ける。 6. 2連続の休日が週末にくるようにする。 7. 正循環の交代方向。 8. 交代周期は短く。 9.交代順序は規則的にする。 といわれています。

 さて、当院の労働環境面での課題は ①長時間労働時間 ②勤務間隔の設定 ③超過勤務の3点を改善する必要があります。 看護界で習慣的に行われてきた日勤ー深夜(通常の仕事を終えて、その日の深夜0:30に業務につく)パターンがあります。 人によっては仮眠がとれず一昼夜ということにもなりかねません。 また、長時間勤務も健康と仕事の精度からいって問題とされています。 

 現在、なれた勤務形態を変えることは一定の職員にとっては返って働きにくくなるかも知れませんが、将来的に健康とワークライフバランスを守るために取り組みたいと考えています。 通常の社会人の生活パターンは24時間患者さんへの看護が必要ですから望みようも有りませんが、私たちが活き活きと健康的に働き続けるためにトライしていきたいと思います。

 

日時: 2011年10月31日 08:16

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック