Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 中堅研修 


中堅研修 

   秋は院内研修でも集大成の 中堅研修 最終回がある。  私は中堅研修にかける期待は誰よりも大きいと自負している。 なんといっても これからの聖隷三方原病院の中核となる人達だからだ。 この中から未来の事務長・看護部長が輩出されると思って参加している。 

 今回の2班に参加して 個々の個性が見えず、 主張がなかったことが残念であった。 率直な感想を記すと厳しく感じられる方もいるかと思うが、 自分が何のために この聖隷福祉事業団を選び、この聖隷三方原病院の組織の一員でいるか、 発言できないでは 新たな取組みはない。  自分たちが企画提案し、組織を動かしていくことこそが フロンティアな仕事であり、 聖隷イズムであろう。 

 聖隷人として自立し、魅力ある施設にするために 私ができること “自分のやるべきこと” を早く手にしてほしいと思う。 できることに大小はない。  こうしたら もっとよいケアになる、 職場が働きやすくなる、 後輩が成長するなど 日々 職場の中で 有言実行 実践で見せればよい。 

 さて、今考え中という方々・グループ発表でもあったが、手を貸してほしい。 それは、接遇5原則の徹底である。 聖隷三方原病院接遇マニュアルも作成し研修も10年に渡って企画し、現在は接遇推進者のラベルを名札に貼っている人も多くなった。 もう一息なのだ。 是非 みなさんと共に来訪された方々が、「さすがに聖隷三方原病院の対応は抜群によい」 といっていただける病院にしていきたい。

中堅研修A班 

日時: 2011年11月10日 16:48

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック