Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 大学院 老年看護学


大学院 老年看護学

 浜松医大大学院医学系研究科では看護研究や地域看護学、老年看護学などを受講したが、先月 倉田先生の老年看護学の最終講義があった。 1年間、認知症や意思決定できない時のための後見人制度、身体拘束がもたらすものなど、人が生きて老いることについて深い討議がなされた。 苦手の英語論文の解釈も含み多くのことを学ぶことができた。 

 これらから波及して認知症ケアマッピングに興味を持ち研修をうけたり、認知症ケアキャラバンのサポーター養成講座にでたり、これからの老年期を支える看護のために必要な要素を学んだ。 急性期病院において老年看護と認知症患者のケアはまだまだ確立しているとはいえない状況であろう。 何を作り上げていけばよいかを構築するためにもよい学びの機会となった。

 なによりも若い院生3人に囲まれて 今風現代版おしゃべりを楽しみましたね。 

中央が倉田先生です。

日時: 2012年03月19日 07:40

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック