Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 石田昌宏さん 来訪


石田昌宏さん 来訪

 今日は石田昌宏さんが来訪される。 彼らは、全国の医療福祉教育現場の看護事情をつぶさに見て、その場の職員から話を伺うキャラバン隊のようなもの。 彼は長年、看護連盟などの仕事をしていただろうから、実態を知って頂き看護政策につなげてほしいと思う。 認定看護師や専門看護師からの診療報酬に対する提言も期待できるところである。 

 手術室大野さんは手術室看護師の定数について意見し、伊藤さんは若いスタッフに看護政策と現場は繋がっていることをどう伝えると効果的か論点をだし、佐久間さんは7対1入院基本料の確保が前提であるのでやりにくさはあるが専門としての質の保証にもう一歩踏み込んでほしいと期待を述べた。 帰り際には清原さんが新卒看護師の研修と基礎教育制度について意見していた。

 

 

 

 

 

 

  ここ6年の診療報酬改定ではようやく看護師の確保につながる原資も得て、定着促進つまりワークライフバランスの推進に繋がった。 また技術や管理にも看護職がこれまで培ったエビデンスを示したことに診療報酬が認められたこと、これらは看護政策なくしてできるものではない。 専門学会も足並みがそろって来たように感じる。 働く女性の実に20人に1人は看護職(2011年の厚労省データ)といわれるように、看護政策は本当は身近でホットな話題なのである。

 『聖隷三方原病院さんのスタッフは明るくて元気ですねえ』といいつつ、浜松地区をあとしにました。

 

日時: 2012年06月12日 08:17

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック