Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > せいれい看護学会の様子


せいれい看護学会の様子

 せいれい看護学会はまだ手作り感が残る学会ですが、内容も充実して地域の看護活動を知り、地域連携を病院サイドからでなく 生活基盤の地域から考えることに役立ちました。

 学会理事長 藤本栄子先生 

 

 

 

 

 

 大会長上野桂子先生は 訪問看護の創設充実に尽力され日本訪問看護協会の理事を務めています。先輩諸氏が在宅に帰った患者さんの生活を心配し、ボランティアで始まったことが、訪問看護事業となってい案す。 創設期や介護報酬や診療報酬での算定に至るまでの過程と「複合型サービス」に見られる今後のかたちまで示唆の多い話を伺うことができました。 

 

 

 

 

 

 当院からも新卒教育プログラムの1つを発表した清原さん、 外来での苦情やクレーム対応に効果のある研修を検討した藤田さん、 手術室からロボット手術におえる体位の保持を皮膚保護をまとめられた古橋さん、 また、3年当院で臨床を行い現在クリ大の教員となっている炭谷さんは静脈注射の技術を取得する過程の教育アプローチをそれぞれ発表して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松下次長は査読と座長で活躍頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 第4回せいれい看護学会 大会長は浜松リハビリテーション病院 渡辺昌子氏です。 2014年5月15日にクリストファー大学において開催されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

日時: 2013年03月29日 08:04

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック