Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 認知症医療センター 基幹型認可


認知症医療センター 基幹型認可

 この4月から認可される『認知症疾患医療センター』 が 3月12日に公表されました。 これは認知症の発見や治療を早期に進めるため、国から指定されるものです。 指定には2種類あり、精神科病院指定の「地域型」と総合病院指定の「基幹型」があります。 当院は 県内でも初の「基幹型」の認可となります。

 認知症対策は高齢社会である現在、とても重要な課題の一つだと思います。地域ネットワークを強化して、家族と連携して認知症の方も地域で生活できるように進めていきたいですね。

  国立長寿医療センターがある 愛知県大府市では、認知症の人を介護する家族らに役立つ情報を載せた冊子「おおぶ・あっ たか見守りマップ」を更新して市民に配っているそうです。  静岡県では介護マークを創り、 例えば女性トイレで男性が介助していても 介護中とわかるようになり介護者に好評です。 このマークを全国に展開しようとしていますね。  いろいろなところの取り組みも参考になりますね。

 

日時: 2013年03月13日 08:06

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック