Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > C4病棟の改修工事


C4病棟の改修工事

 C4病棟には易感染状態の方をクリーンな環境で過ごしていただくための、クリーンルームが2室ありました。 このたび2室増室するための改修工事が終わりました。 看護の責任者はC4病棟を担当している松下次長です。彼女が若いけれどねばってくれました。

 C棟は平成8年の建築ですが、既存の病棟を改修することは大変苦労が多いです。 特に今回のようにクリーンリームは感染から患者さんの身を守るために暫く個室から出ることができない方に入って頂きます。 そのため、前室を設置すること、室内にトイレやシャワーが必要なことなど難題がありました。 設計者からの図面を四方八方から眺めて私たちが必要と思われるものをレイアウトしなおしては何度か提案して最終形にこぎつけました。 やはり狭さとの戦いになるので、図面通りの幅でベッドをどのように配置し移動の際はどのように動けるか等、実地で行ってみるということを体験し、ようやく決着しました。

 仮にトイレとシャワーが両方できなかった場合を想定して話し合った時には、おもしろいことに医師はシャワーを優先してほしいと言われ(ポータブルトイレをいることが可能だから)、私たちはトイレと多少大きめの洗面台を主張しました。 

 過去、血液内科患者さんをケアしてきた私と松下さんは、「そうはいっても、どちらかでは患者さんのクオリティが下がるね」 と再度検討し以下のとおりに両方を配置できました。 このような経過を経て、改修工事は年度末の忙しい時期でしたが数カ月で終わりました。 これから安心して治療中の患者さんへ環境提供ができることでしょう。

右が前室ト洗面台で左が患者さんの部屋の入口洗面台です。

 

 

 

 

 

トイレとシャワールームです。トイレを通って入ることになりますが両方を死守しようとした苦肉の策です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 クリーンルームでの喚起空調は一般病室とは違いますから、上から清浄な空気を出して左下から空気を引き外へ排出します。

 

 

 

 

 

日時: 2013年04月19日 07:42

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック