Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > BD社の来訪


BD社の来訪

日本ベクトン・ディッキンソン社からの要望でアメリカからBridget CさんとRichardさんが病院見学に見えました。 


 BD社は世界各国で、薬剤治療の改善、感染症診断の促進、および創薬の発展に従事する、メディカルテクノロジーのリーディングカンパニーです。



 こちらもDB社の優れた翼状針を導入予定ですので、情報交換によい機会を与えていただきました。 感染管理中村さんに引率してもらい、A3病棟(消化器内科)で 静脈注射の穿刺やカクテルの状況、ライン等を見学して頂きました。



 帰りがけに立ちよられて、感染率や病院のシステムについては興味深く聞いて行かれました。 感染率においてもよい評価を頂けました。 ラインでの感染をコントロールするには、挿入時の医師の技と看護師による挿入中の管理が重要です。 感染率を下げることができるのは、日々のケアとリサーチ活動が順調に入っている証拠でしょうね。 しかし、何といってもライン挿入期間が短くすることが一番よいケアだと考えています。 そうした取組みも並行して推進していく必要がありますね。


日時: 2013年05月30日 08:13

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック