Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 日本スウェーデン福祉研究所 中込氏を迎えて


日本スウェーデン福祉研究所 中込氏を迎えて

 今日は東京から中込氏にご来訪頂きました。 中込氏が代表を務められている日本スウェーデン福祉研究所は、福祉先進国のスウェーデンのケア理念に基づく「認知症ケアプログラム」を日本において提供しているところです。 先月、その1つであるタクティールケアを学びに行ったご縁から当院へお見えくださいました。

 タクティールケアを活用できそうなところは ほとんど全領域ですが、 先立っては、精神科身体合併、ホスピス、A5病棟なごみケア・おおぞら療育センターと三方原ベテルホームの認知症フロアなどが活用しやすいでしょう。 その場所を案内しながら、このケアをすでに活用している施設や病院のお話を伺うことができました。 タクティールケアは利用者が心穏やかに過ごせるだけでなく、看護職やコメディカルにとっても癒されるケアであることが分りました。 

 認知症や不隠状態で落ち着かない高齢者の方々以外にも、未熟児の子供たちとその母・痛みの緩和・眠れない患者に・急性期領域では心筋梗塞でも重症心不全でも使えそう  このような方にタクティールケアが提供されていることを夢見て。  バーンアウトしそうなナースや苛立つナースにも効果がありそう。。。

 そのためには職場に1人はケア認定者がいなければなあ・・・ と考え、この研修を院内で受講できるように企画しています。 夏には詳細をお知らせできるようにしますね。

 いずれ、認知症疾患医療センターとして地域とのネットワークができて、数年先になるかと思いますが介護しているご家族の方々にも参加できるような企画にしていきたいと思います。

 今日は5年先の理想を形作れてわくわくする日でした!

日時: 2013年05月09日 18:34

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)


最近のコメント

最近のトラックバック