Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 終末期医療に関する意識調査


終末期医療に関する意識調査

 先日、第1回終末期医療に関する意識調査等検討会 の報告がでました。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002sarw.html

 希望する終末期の療養場所は?
  自宅で療養して、必要になれば医療機関等を利用したいと回答した者の割合を合わせると、60%以上の国民が「自宅で療養したい」と回答した。

 しかし、

 60%以上の国民が、最期まで自宅での療養は困難と考えている

 「 実現可能である」と回答した者の割合は一般国民(6%)よりも、医療福祉従事者が上回った(医師26%、看護師37%、介護士19%)

 この結果をみなさん どう思われますか? 今のうちから家族で話し合っておくとよいですね。 少しでも自分の意思が反映した形で暮らしたいものです。 

 さて、医療従事者が期待を持てていることは とても素敵です。 17人に1人は 看護職というデータがあります。 貴方の身近にも看護職が一人いませんか? なければ、今からでも遅くありません。 看護の道に進みましょう!

 

日時: 2014年07月28日 19:38

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2014年07月
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック