Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 「人生の答え」の出し方


「人生の答え」の出し方

 柳田邦男さんの『「人生の答え」の出し方』平成18年出版のものですが、読み直しました。この本は人生への答えや人が生きる時間についていろいろな方の経験や言葉から柳田氏の視点を通して語られていて、深い学びを得ることができます。


その中に、心理療法家とは何をする専門家なのかについて、河合隼雄先生の言葉を紹介しています。



 



それは、「葛藤を起こしている人が自分の人生や人間関係について腑に落ちる物語をつくるのを手伝う専門家である。クライエントは治るときもあるし、治らない時もあるという経験の中で自ら内面を耕すために探索の努力を続けておられる。」といった内容ですが、患者さんが病気を得てそれを人生にいれていく、物語をつくるのを私たちも手伝うことができているかと 看護の現場を内省してみました。


 


 こうして遠方に旅(仕事)にでると、人生の質を考えて直してみる空間と時間を得られます。



 



 



 



 


 


 


日時: 2015年06月29日 17:27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2015年06月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック