Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > DCM国際会議 In 名古屋


DCM国際会議 In 名古屋

 2016年6月7~9日、日本で初めて国際DCM実施グループ会議(DCM International Implementation Group Meeting、以下国際会議)が開催されました。 日本の代表者は DCM ストラテジックリード 水野 裕先生です。 (いまいせ心療センター長) 最終日には 議長も努められました。

 DCMとは認知症ケアマッピングという観察手法です。マッパーという資格のあるものが、 利用者の行動、 その人のよい状態や悪い状態、 その人とケアスタッフとのかかわり をデータ化して フィードバックやケアをスタッフともに考えていきます。

 ブラッドフォード大学の現状や今後の方針などをLindsey Collinsさんが説明をし、午後には、日本でのマッパー支援、ネットワークについて、 村田 康子さん(DCM認定上級トレーナー)、内田さん、 DCMについての研究の現状を鈴木みずえ先生(DCM認定上級トレーナー )がご紹介してくれたそうです。

  鈴木先生のスライドでは、しっかりしたヘッドナースとして吉村と高齢者集団ケアの取組みをご紹介いただきました。 国際会議の写真デビューを果たしました。

 急性期病院での取組は世界的にも緒に就いたばかり、まだまだこれから伝えていくこと、ケアを開発していくこと おおくの楽しみがあります。

 DCM もう少し知りたい方のために アドレス付けておきます。

 http://www.dcm-obu.jp/conference.html#05

 

 

 

日時: 2016年06月15日 19:55

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2016年06月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック