Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 認知症ケア学会 


認知症ケア学会 

 2日目は ポスター2題 と 次年度の日本老年看護学会大会長の鈴木教授 と 講演をお願いしたい先生にお目にかかったり、有意義な1日でした。

 「認知症高齢者の看護」 ~パーソン・センタード・ケアの視点~ 原案監修 浜松医大の鈴木教授ですが、このDVD作成に学術協力として関わりました。 会場ではブースが立っていたので立ち寄りました。   

尊敬する認知症看護CNの高原さんと加藤さんとご一緒に 

 

 

 

 

 

 

このDVDは急性期病院編で以下の3巻からなっています。 

1.コミュニケーションはとれていますか?

2.看護の工夫をしていますか?

3.意思決定の援助をしていますか?

 高齢者やせん妄、認知障害のかたと接した経験の少ない看護師にとっては、とても有意義な視聴覚教材だと思います。 DVDなので多少お高いですが・・・  『あ~ こんなこと していたなあ』 などの内省をしながら、 次はどう看護したらよいか そんな示唆を得ることができるでしょう。

 

 本コーナーでは 『認知症の人の医療選択と意思決定支援』 クリエイツかもがわから出版された、成本 迅先生から 直々にサインを頂きました。 ラッキー!です。

 この本は 「認知症高齢者の医療選択をサポートするシステムの開発」PJ 参加メンバーによりかかれており、 臨床家が悩むいくつか  例えば 法律面の課題も取り上げていて 対立するものではないんだと わかってきます。 多くの方に手にとっていただきたい本です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日時: 2016年06月23日 20:27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2016年06月
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック