Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > DCM研究 共同担当者と


DCM研究 共同担当者と

 7/25の倫理委員会で 「認知症ケアマッピング(DCM)で観察された身体的ケアの分類」を 審査していただきました。 研究を受けた場合の利益に 追記するご意見をいただきまして修正し完成しました。

  共同研究者は 老人看護CNS佐藤さん、 認知症CNの阿部さん、 認知症専門士の名倉さん、 浜松医大鈴木教授です。 DCMを行いますので上級マッパーの阿部邦彦さんを招いてDCMは2名体制で行います。 3-4ヶ月ごとに6回実施しますので 長丁場となりますが、 DCMの日程を押さえることが一番大変・・・といった状況です。

 8/2 は 当院の認知症CNの阿部さんと認知症専門士の名倉さんへ 研究の概要 および 対象者への説明のしかたを説明し終わったひとときの写真です。  3人とも スマホで 自分取り (じどり) したことがなく、 どうやるの?? と大騒ぎしながら撮ったものです。 名倉さんとははじめてのセッションで 『部長~ 緊張しますよ~』 などどいっています。 なんといっても これからは 研究仲間です。

 

 

 

 

 

 

 

日時: 2016年08月02日 17:32

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2016年08月
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック