Mikatahara Smile ~聖隷三方原病院 看護部ブログ~

総看護部長 吉村浩美の日記

ホーム > ◆吉村日記 > 友人からの私家版 書籍


友人からの私家版 書籍

 私の認知症ケアマッピングの師匠である阿部さんのお父様がお書きになった 「脳梗塞を生きる」 安部廣重さんの私家版をいただきました。

 脳梗塞の発症から 数年間 リハビリを卒業していく 生きている様を 素敵な直絵とともに 綴っておられます。  私は 枸杞の実の絵がすきですね。 中華料理に乗っている赤い実のなる木なんですね。 

 「書き終えて」 にある 入院中の医師との距離、知りたいことを話し合うことが許されないように感じられた こと を綴っておられます。 フィジカルを急性期看護の土台として、どのような病気か先を読めない苦しさに、辛さに 寄り添える看護師に支えられたと思っていただけるような病院にしてたいですね。 

 

 

 

 

 

日時: 2017年12月06日 19:12

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

2017年12月
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のエントリー

カテゴリー一覧

月別アーカイブ


最近のコメント

最近のトラックバック